スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またしても

連休突入の初日は弟と甥っ子と共に、私の地元にある大型模型店へショッピングに行って来ました。
LBXプラモはもちろん、食玩、ライダー・戦隊フィギュア等の甥っ子が激しく食いつく品揃え。
初めて訪れる店という事もあり、商品陳列棚・ショーケースなどをウキウキワクワクしながら片っ端から見まくっておりました。
見ている私もうれしくなっちゃいましたね。

で、お買い物の内容。
甥っ子親子はLBXプラモ、トリトーンとジ・エンペラーの海道ジンセット。
私は自分用にLBXミネルバと模型用品もろもろ、それと甥っ子へのプレゼント用にLBXマーカー2種。

そんな訳で私、LBXプラモの未組み立てストックがまだまだたくさんあるのにもかかわらず、またしても在庫が追加されてしまったのでした・・・
スポンサーサイト

いよいよ連休

いよいよ明日から連休に突入だ。
さて、どれだけプラモの山を崩せるか。

トリトーン

triton.jpg
秒殺の皇帝こと海道ジンがWで使用するLBXですね。
前作で使用していたジ・エンペラー、ゼノンがライバル機的役割だったこともあり悪役カラーでまとめられていたのに対し、トリトーンは黒っぽいカラーは使っているものの何ともさわやかな仕上がりになっております。
Wではバンとともに悪と戦う立場になったからでしょうかね。
ナイトフレームである事と武器がハンマー系という事以外は以前の使用LBXの名残を感じさせるものはありません。
ゼノンに引き続きメーカーはサイバーランス社ですね。
テストプレーヤージンの使ったゼノンで収集したデータを基に開発された事が推測されますが、何ゆえ海洋デザイン的なものに行き着いたのかは分かりません。
ジンの名前からいうとぴったりかもしれませんが、そもそも海道家の養子になってからこの苗字ですから・・・

ちなみに、トリトーンっていうのはギリシア神話に出てくる海神ポセイドンの息子さんの名です。
神話の世界だと、トリトーンの武器はお父さんのポセイドンと同じく三又の槍なんですよね。

LBXのトリトーン自体は、戦闘機やなんかとサメあるいはシャチなんかをミックスしたようなデザインですね。
頭は海賊の船長がかぶる帽子のようにも見えます。
全体的に海をイメージさせるところから、潜水艇とかに変形しそうなデザインでもあります。
LBXオーディーンのように可変タイプにしてもおもしろそうです。
名前はポセイドンとかネプチューンとかにしちゃったり。

jin.jpg
ガンダムの世界のパイロットには「パーソナルカラー」っていうのがありますが、ジン君のパーソナルカラーは以前は黒×紫ってな感じでしたが、Wからは変わっちゃったのかな?
jintoriton.jpg
トリトーン、ジン君の着ている服とのコーディネートはばっちり決まってます。
Wからはこのカラーリングが基本になるのかな?

イプシロン

epsilon.jpg
アニメ本編には登場せず、ゲーム「ダンボール戦機」に登場するLBXで、アキレス、オーディーンに続くバン君のために設計した山野博士のハンドメイドLBX。

dsw.jpg
私的にこのLBX、デザインが独特な感じでアキレスからの流れを感じさせません。
強いて言えばトサカがあることと、脚部はオーディーンっぽいのか、そんな感じです。

カラーリングも青×オレンジなのでバン君用に見えて来ない・・・
バン君のLBXはやはり白ベースでないと!
そう思うんですよね。

Wになってオーディーンに続き使用することになったエルシオン、これは白いLBXなのでしっくりきます。
アキレスからの流れを感じることも出来るデザインだし。

で、話をイプシロンに戻します。
イプシロンは背中・腰部などの形状から高機動型っぽいデザインに見えます。

ここからはわたしのオリジナル設定、と言うか推測・妄想です。
山野博士的には飛行形態に可変する高機動タイプはオーディーンでひとまず完結させ、可変機能を排除した高機動タイプとしてイプシロンを設計した。
そしてイプシロンの設計を進めていくうちに、ペルセウス、エルシオンの2つの機体が完成し、イプシロン自体は世に出ることはなくなった、と。

こじつけ設定ですがこんな感じでどうでしょうか?

ちなみに、天体のお話だとペルセウス座っていうのがありましてその中にイプシロンという名前の星があるそうです。
イプシロン星は、2つの恒星からなる連星系で、しかもその2つの恒星は青い星と白い星だという。

なんかピンと来ましたね!


perseus.jpgelysion.jpg


青はペルセウス、白はエルシオンですよね。
イプシロン座のペルセウス星だったらもっと良かったですが。もう1つの星はエルシオン星だったりして。

元は1つの思想だったLBXは2つに分かれて世に出た。
イプシロン計画の中の2つのLBX。

わたしのオリジナル設定というか推測、ここから持って来ました。


しかし、ペルセウスの両肩のオレンジのパーツ、どんな機能があるんでしょう?
私には洗濯バサミにしか見えないんですが。
そしてエルシオン、可変タイプのオーディーンの後にしてはとってもシンプルな機体です。
どちらの機体もとってもシンプル。
何か隠された機能があるのか?



まさか!!


この2機のふたごLBX、合体して1つのLBXになるとか!?

イプシロンに!!





バン「行くぞ、ヒロ!!」
ヒロ「はいっ、バンさん!!」


青と白のLBXが空高くジャンプし、大きな光に包まれる。


「究極合体!!」


その時、2人の知恵と勇気と正義の心が1つになり、新たなLBXが生まれた。
その名は、真・イプシロン!!






懐かしの超人バロム1の如く。

それはないか・・・


2人がCCMでどうやって操作するのか・・・とか。
考えてませんし。


まあ、いろいろ考えるのにはおもしろい素材です、LBXって。

さて、プラモの箱の山を崩しに行って来ます。

アキレス

アニメ本編中にはアキレスタイプは2種類登場していますね。
achilles.jpg
deed.jpg
主人公山野バンが使用したアキレスとWの敵役アキレスディード。


ゲーム中にはいくつかのアキレスタイプが。
a2cg.jpg
後継機アキレスⅡ。
「カスタムグレード」というシリーズで商品化してます。
dark-a.jpg
暗黒騎士アキレスは外見上はバンモデルの色替え(海道ジンカラーでしょうか)。
achilles-t.jpg
アキレスタンクなんていう変り種もありますね。

タンクは置いといて、外見上から分類するとアキレスは3種類ってことでしょうか。

ちょっと整理して私のオリジナル要素も交えながらアキレスのバリエーション・系譜について考えてみます。


アキレスプロト(バンモデル。非売品のプロトタイプという位置付け)

アキレスⅡ(別名アトラス。純粋にアキレスらしさを強化発展させたもの)

アキレス飛行試験型(別名イカロス。アキレスに翼付きバックパックを装備、設計思想はオーディーンに継承)

アキレスディード(アキレスⅡを再調整した量産型)


系譜としては、
アキレスプロト→イカロス→オーディーン

アキレスプロト→アトラス→アキレスディード

こんな感じでしょうか。
別名は私のオリジナル要素です。


ガンダムに例えると、バンのアキレスがファーストガンダム(RX-78)、ディードがティターンズの黒いMKⅡ、オーディーンがゼータって感じに見えてきます。

敵から奪還してエゥーゴのMKⅡみたいにバンの白いディードとかになったりして。

ダンボール戦機の世界ではバンのLBXはガンダム世界で言うと主役機ガンダムなので、やはりカラーリングは白がお似合いです。

ファースト、ゼータと出てきたら次は合体変形のダブルゼータ??
ガンダムAGEもまさに3世代その流れですしね。
まあ、ダンボール戦機ではオタクロスさんが3機合体出してるからもうないかな。


そのうちオリジナル物についてはいろいろと立体化してみたいものです。


なんだかんだ言っても私、やはりアキレスが一番好きかも知れないですね。

ブログはじめました

はじめまして。
アラフォーなおっさん「シンニィ」と申します。
ここでは私の趣味の世界をマイペースに綴っていこうと思っていますが、しばらくは甥っ子の影響ではまり出した「ダンボール戦機」中心の記事になるかと思います。

プラモも子供の頃から大好きですが現在は「積んどくモデラー」になってしまっており、ぼちぼちパチ組みながらも箱の山を崩していっている状況であります。
あれこれ構想は頭の中にあるので、少しずつ塗装・改造も再開し、完成品も記事に取り上げて行きたいと思っております。
プロフィール

シンニィ

Author:シンニィ
ガンプラ・ダンプラ大好きなファーストガンプラブームど真ん中世代。
リンク・コメントお気軽にどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。